ガールズちゃんねる

おじいちゃんおばあちゃん世代の話募集

218コメント2017/10/13(金) 22:00

コメントを投稿する
  • 1. 匿名 2017/10/12(木) 12:26:27  ID:P9mQti1UbI 

    大正昭和平成、戦前戦中戦後、激動の時代を生きた方々の話に興味があります。
    日常風景も今とは随分違っていたんでしょうね。
    当時の暮らしぶりや、その時代ならではの体験談等、おじいちゃんおばあちゃんや身近なお年寄りから聞いた話を皆でここに持ち寄りませんか。
    おじいちゃんおばあちゃん世代の話募集
    返信

    +56

    -2

  • 2. 匿名 2017/10/12(木) 12:27:37  [通報]

    当時は勉強とかしたくてもできなかったらしいです
    返信

    +77

    -0

  • 3. 匿名 2017/10/12(木) 12:28:20  [通報]

    おじいちゃんおばあちゃん世代の話募集
    返信

    +61

    -5

  • 4. 匿名 2017/10/12(木) 12:28:20  [通報]

    すいとん
    返信

    +40

    -0

  • 5. 匿名 2017/10/12(木) 12:28:28  [通報]

    お父さんの言うことは絶対
    返信

    +75

    -0

  • 6. 匿名 2017/10/12(木) 12:28:38  [通報]

    白米食べられるってよ
    わっしょい!!すげー!!の感覚
    返信

    +55

    -0

  • 7. 匿名 2017/10/12(木) 12:28:42  [通報]

    水とん食べてた
    返信

    +25

    -1

  • 8. 匿名 2017/10/12(木) 12:28:46  [通報]

    今でも米兵を見ると恐いとおばあちゃんが言っていました
    返信

    +58

    -1

  • 9. 匿名 2017/10/12(木) 12:28:48  [通報]

    結婚式当日、初めてまともに相手の顔を見た。


    数年前に入院先で仲良くなった、90歳のばあちゃんがいってました。
    返信

    +133

    -0

  • 10. 匿名 2017/10/12(木) 12:29:01  [通報]

    朝鮮人が大嫌いです
    返信

    +107

    -3

  • 11. 匿名 2017/10/12(木) 12:29:03  [通報]

    イナゴというバッタのような虫を煮て食べた
    返信

    +27

    -6

  • 12. 匿名 2017/10/12(木) 12:29:10  [通報]

    おばあちゃんは結婚式の当日に初めておじいちゃんの顔を見たそうです
    一回り上のおじいちゃんと
    今だったら考えられない話ですよね
    返信

    +133

    -1

  • 13. 匿名 2017/10/12(木) 12:29:16  [通報]

    お風呂は五右衛門風呂で、温度調節が難しかったそうな。
    返信

    +65

    -0

  • 14. 匿名 2017/10/12(木) 12:29:29  [通報]

    戦争の話はここに書けないような話ばかりでした
    返信

    +77

    -0

  • 15. 匿名 2017/10/12(木) 12:29:29  [通報]

    結婚式の日に結婚相手と初対面
    返信

    +58

    -0

  • 16. 匿名 2017/10/12(木) 12:29:38  [通報]

    顔も知らない相手といきなり結婚が普通にあった。うちの祖父母はそれですが62年連れ添い死別しました。それでも離婚率は今よりだいぶ低いからねー
    返信

    +106

    -0

  • 17. 匿名 2017/10/12(木) 12:29:45  [通報]

    お米が貴重だから、ご飯に大根混ぜて食べてた。戦時中に大根たくさん食べ過ぎたせいで、大根苦手。(78歳のおじいちゃんより)
    返信

    +99

    -0

  • 18. 匿名 2017/10/12(木) 12:30:07  [通報]

    >>11
    それは今でもあるね
    返信

    +19

    -0

  • 19. 匿名 2017/10/12(木) 12:30:16  [通報]

    戦前と戦後ではえらく違うけど。
    返信

    +11

    -1

  • 20. 匿名 2017/10/12(木) 12:30:19  [通報]

    砂糖が超貴重だった
    返信

    +64

    -0

  • 21. 匿名 2017/10/12(木) 12:30:51  [通報]

    初めのおじいちゃんは戦死してしまったから、おばあちゃんはその弟と再婚した。それが私のおじいちゃん。
    返信

    +158

    -0

  • 22. 匿名 2017/10/12(木) 12:30:56  [通報]

    見合いネタばかりww
    返信

    +3

    -12

  • 23. 匿名 2017/10/12(木) 12:31:14  [通報]

    >>9
    この世界の片隅にもそうだよね。
    こんな旦那なら初対面でもいいわ。
    おじいちゃんおばあちゃん世代の話募集
    返信

    +66

    -4

  • 24. 匿名 2017/10/12(木) 12:31:34  [通報]

    看護婦になる人が多かった。
    祖母の周りだけかな?
    返信

    +24

    -0

  • 25. 匿名 2017/10/12(木) 12:31:44  [通報]

    バナナが高級品で、大事に大事に食べたって言ってた。
    返信

    +96

    -0

  • 26. 匿名 2017/10/12(木) 12:32:03  [通報]

    洗濯機を買うつもりのばあちゃんを無視し、じいちゃんがテレビを買ってきてしまった。その後近所の人達がテレビ見たさに、毎日押し掛けて来たらしい。
    50年以上経ってもばあちゃんは根に持っている。
    返信

    +172

    -0

  • 27. 匿名 2017/10/12(木) 12:32:08  [通報]

    おばあちゃんは17歳で父を出産
    貧しかったから臨月まで野良仕事
    他の子は制服着て高校に通ってる中ら自分は顔を見られないように頭に手ぬぐい被って泣きながら仕事してたそう
    家が貧乏で仕方なく結婚したんだって
    切ない話
    返信

    +212

    -1

  • 28. 匿名 2017/10/12(木) 12:32:11  [通報]

    焼夷弾が降ってきたのを覚えていると言っていた
    返信

    +62

    -0

  • 29. 匿名 2017/10/12(木) 12:32:25  [通報]

    祖父は戦争で満州とか東南アジアとか色々行ってた
    部隊の隊長をしてたらしいんだけど、よく隊員に”家族のために必ず生きて帰れ”って言ってたんだと
    国の為に死ね、と言われてそれが美徳とされてた時代によくそんなこと言ったなとも思うけど
    私の誇りでもある
    返信

    +169

    -0

  • 30. 匿名 2017/10/12(木) 12:33:05  [通報]

    会社を定年退職後は 会うのは 戦友ばかり 会社時代の友人とは 縁が切れたみたい。同じ釜の飯を食べ、生き死にした仲間の絆強し。一定の条件で 年金である、恩給も貰ってたよ。
    返信

    +92

    -0

  • 31. 匿名 2017/10/12(木) 12:33:16  [通報]

    昭和20年生まれのうちのおばあちゃんは、戦争をあまり知らないみたいだよ。
    食べ物にも困らないし、学校にもちゃんと通ってたし。兄弟多かったけど、殆どが大学まで行ってる。
    返信

    +43

    -6

  • 32. 匿名 2017/10/12(木) 12:33:28  [通報]

    戦争が始まる前(大正昭和初期)の若い女性はオシャレだよー。通称モガ(モダンガール)写真見たら今でも普通にいそうな格好だよ、
    返信

    +68

    -1

  • 33. 匿名 2017/10/12(木) 12:33:44  [通報]

    こっちも知ってる世代か
    おじいちゃんおばあちゃん世代の話募集
    返信

    +40

    -0

  • 34. 匿名 2017/10/12(木) 12:33:54  [通報]

    私の祖父の弟は特攻隊で沖永良部島付近で戦死した。特攻隊って命令されるだけではなくて、自ら国のため、家族のために志願したんだよね、すごいよね
    祖父は赤紙が二回来た。最後はロシアの捕虜になった。
    心が強くて滅多なことでは動じない、真面目で働き者だった。時代は悲しいけど、ただ尊敬しかないよね
    返信

    +132

    -0

  • 35. 匿名 2017/10/12(木) 12:34:15  [通報]

    長男の嫁として嫁いだが長男戦死で次男の嫁として嫁ぎ先に残された。
    返信

    +88

    -1

  • 36. 匿名 2017/10/12(木) 12:34:38  [通報]

    昔は卵焼きやバナナは贅沢品だと聞いたよ
    お弁当に卵焼き入ってると誇らしかったらしい、普段はご飯の間にスルメを挟んで醤油で食べてたって言ってた、今ならそっちの方が高価だよね
    ちなみに私のおじいちゃんはティッシュをテッシュって言います(笑)前は、はな紙って言われて意味が分からなかった。
    返信

    +80

    -2

  • 37. 匿名 2017/10/12(木) 12:34:46  [通報]

    臨月の妊婦が普通に教壇に立ってたらしいw(祖母)
    そんな世代からみたら、現代の人たちが弱っちく甘やかされてるように見えるのもしょうがないなと思う
    返信

    +92

    -4

  • 38. 匿名 2017/10/12(木) 12:34:48  [通報]

    空襲警報が鳴ったら速やかに防空壕へ逃げて、間に合わなそうな場合は身を小さくして伏せて目を人差し指から小指にかけてで覆って、親指で耳を塞いで口を大きくあけてじっと待ちなさいと教わったらしいです
    返信

    +77

    -0

  • 39. 匿名 2017/10/12(木) 12:35:18  [通報]

    ばあちゃん88歳の少女時代、小学校出て奉公に行ったり働いた子もいたって言ってたよ。
    中学が義務教育になったのは戦後かな。
    返信

    +62

    -0

  • 40. 匿名 2017/10/12(木) 12:35:26  [通報]

    祖父母の時代の結婚式はタキシードとウェディングドレス着て公民館で挙げるのが流行ってたらしいよ。昭和30年ぐらい
    返信

    +26

    -1

  • 41. 匿名 2017/10/12(木) 12:35:35  [通報]

    ばーちゃんに好意を寄せていた男性が出兵する時に見送りを頼まれて「戦地から手紙を書いてもいいですか?」と聞かれた時にあっさり断ったそうな。
    ばーちゃん鬼畜だな…と思った。
    返信

    +107

    -1

  • 42. 匿名 2017/10/12(木) 12:36:07  [通報]

    生きて行くので精一杯
    おじいちゃんおばあちゃん世代の話募集
    返信

    +39

    -6

  • 43. 匿名 2017/10/12(木) 12:36:21  [通報]

    >>38
    長崎ですが祖母は8.9日、咄嗟に溝に身を伏せ助かりました。
    返信

    +73

    -0

  • 44. 匿名 2017/10/12(木) 12:36:41  [通報]

    第二次終戦前、学校から帰る途中に周りに何もない道を歩いていたらB29に威嚇射撃された…、っていう話。始めは兵器工場や飛行場が狙われたらしいけれど、終戦直前頃は動くものは何でも射撃するという命令があった事をテレビで知って思い出しました。
    返信

    +71

    -0

  • 45. 匿名 2017/10/12(木) 12:36:59  [通報]

    いとこ同士の結婚とか普通にあったみたい。
    返信

    +57

    -0

  • 46. 匿名 2017/10/12(木) 12:37:32  [通報]

    麦わら帽子被って耕運機で畑に行って、朝から夕方まで仕事していたおじいちゃん。日焼けして真っ黒だった記憶がある。懐かしいよ。
    返信

    +35

    -0

  • 47. 匿名 2017/10/12(木) 12:37:36  [通報]

    収穫の時季は農家の子は家の手伝いがあるから学校が休みだったんだって。
    返信

    +34

    -0

  • 48. 匿名 2017/10/12(木) 12:37:50  [通報]

    >>45
    今でも法的にはありだけどね
    返信

    +45

    -0

  • 49. 匿名 2017/10/12(木) 12:38:15  [通報]

    親戚のお婆さんは、
    蕎麦打ち、着物の仕立てが上手だった。
    昔はカルチャースクールとかないから
    生活している中で覚えたってここですよね?
    返信

    +50

    -0

  • 50. 匿名 2017/10/12(木) 12:38:27  [通報]

    戦争で両親失い、鳥やカエルを自力で捕まえて生き抜いてきたと知り合いのおじいちゃんが話していた。
    生きる知恵や生命力は現代っ子をはるかに上回っていそう。
    返信

    +62

    -2

  • 51. 匿名 2017/10/12(木) 12:38:31  [通報]

    昭和天皇がアイドルのような存在だった

    祖母が通ってた女学校が目白だったので、毎朝女学校の前を馬車でお出ましになる宮様に、門にへばりついて「きゃー宮様ー」とみんなで叫んでた
    いつの時代も女子は変わらないね
    返信

    +70

    -0

  • 52. 匿名 2017/10/12(木) 12:38:37  [通報]

    「戦争になったら食べ物が不足する。お金が有ろうが無かろうが食べたい物なんてなかなか手に入らない。
    だから、食べたい物が有ったら食べなさい。おばあちゃんが買ってあげるよ」
    って子どもの頃よく言われた。
    返信

    +97

    -0

  • 53. 匿名 2017/10/12(木) 12:39:22  [通報]

    山村暮らしで炭作って、山を越えた町に卸に行ってたらしい
    子供らは親に預けて夫婦2人で炭担いで徒歩で山越え

    なのでばあちゃんは80近くになっても力持ちです

    返信

    +48

    -0

  • 54. 匿名 2017/10/12(木) 12:39:37  [通報]

    >>51大正生まれの祖母の家には天皇皇后の絵があるよ。
    返信

    +36

    -1

  • 55. 匿名 2017/10/12(木) 12:40:42  [通報]

    母が良く言ってたけど、子供の頃にばあちゃんに怒られる時、ホウキを振り上げて鬼の形相のばあちゃんに良く追いかけられたらしい。
    サザエさんみたいなシーンが本当に繰り広げられてた事に驚いたし笑った。
    返信

    +60

    -1

  • 56. 匿名 2017/10/12(木) 12:41:06  [通報]

    伯父は若かった頃に戦争があり、兄弟は兵隊としてして出動したが、伯父は目に障害(片目がほとんど見えない)があって免除されたとのこと。
    その伯父も今は目に障害があるにも関わらずタブレットをいじってます。
    返信

    +74

    -1

  • 57. 匿名 2017/10/12(木) 12:42:35  [通報]

    >>56です
    その当時伯父は静岡に疎開をしてたそうです。
    返信

    +16

    -0

  • 58. 匿名 2017/10/12(木) 12:42:47  [通報]

    祖父→何枚かの写真から祖母を選ぶ。

    祖母→結納の顔合わせで隣にいた男性が結婚相手(祖父)だと分かる。
    返信

    +48

    -1

  • 59. 匿名 2017/10/12(木) 12:43:07  [通報]

    95才のおばあちゃん。
    若い頃学校でバスケットボール部だったらしい。
    そんなに前からバスケット普及してたんだと驚きました!
    返信

    +82

    -0

  • 60. 匿名 2017/10/12(木) 12:43:46  [通報]

    母方の祖父は戦時中は船に乗っていたらしい。帰ってくる様子もなく、てっきり死んだと思っていたら、ひょっこり帰ってきて家族皆で喜んだって母に聞いたことがあります。
    返信

    +53

    -0

  • 61. 匿名 2017/10/12(木) 12:43:49  [通報]

    じいちゃんは戦時中食べ物がなくて、カタツムリを食べたと言ってた
    返信

    +30

    -0

  • 62. 匿名 2017/10/12(木) 12:43:52  [通報]

    昔の人の写真見るたびに、昔の日本人って目鼻立ちはっきりしてない?
    今よくいる細目で低い鼻の人の写真があまりない。
    返信

    +98

    -1

  • 63. 匿名 2017/10/12(木) 12:44:15  [通報]

    >>40
    結婚式場なんて出来たの昭和50年代位らしいですもんね…自宅や料亭だったと聞いた事あります。
    お葬式も、私の子供の頃は葬祭場などなく自宅でした。
    返信

    +41

    -0

  • 64. 匿名 2017/10/12(木) 12:44:38  [通報]

    >>61
    よく病気にならなかったよね(ーー;)
    カタツムリってやばい病気なかったけ?
    返信

    +17

    -1

  • 65. 匿名 2017/10/12(木) 12:45:57  [通報]

    >>62
    朝鮮人の血が入ってきたからじゃないでしょうか…?帰化とか在日とか。悪い意味じゃなく事実として。
    返信

    +83

    -5

  • 66. 匿名 2017/10/12(木) 12:46:20  [通報]

    うちのおばあちゃんは戦時中、曾祖母と疎開先へ向かうとき乗ってた汽車の中で知らないおばさんからお米を騙しとられたことがあるって言ってた。

    曾祖母はトイレに行ってるあいだ荷物を祖母が預かってたところへ知らないおばさんがきて「お嬢ちゃんのお母さんが荷物持ってきてって言ってるからおばさんが持って行ってあげる。」と言ってきたらしい。
    まだ4才くらいだった祖母はそれを信じて渡してしまったらしいんだけど戻ってきた曾祖母が「そのおばさんにそんなこと頼んでないわ。あれはお米が入ってたのに」と言われてから騙されたんだと気づいたらしい。
    返信

    +62

    -0

  • 67. 匿名 2017/10/12(木) 12:46:37  [通報]

    栃木県の苺農家は覚醒剤やりながら働いてたらしい
    返信

    +7

    -10

  • 68. 匿名 2017/10/12(木) 12:46:42  [通報]

    >>12
    私のお祖母ちゃんも!!
    初対面で結婚が決まって、新婚旅行(もちろん国内)に行った時、お爺ちゃんとはぐれてしまって顔もよく覚えてなかったから探しようがなかったらしい
    返信

    +69

    -0

  • 69. 匿名 2017/10/12(木) 12:47:50  [通報]

    子供を簡単に人にあげちゃう事ってあったのかな?子供の頃明治の終わり生まれの祖父に聞いたんだけど
    昔誰かが赤ん坊を連れて出かけて帰ってきたら連れてないから家人が赤ん坊は?と聞いたら「隣に座った人が可愛い言って欲しがったんでくれてきた」であげてきちゃったって話
    返信

    +27

    -3

  • 70. 匿名 2017/10/12(木) 12:49:15  [通報]

    祖母は洗濯機を大事にしてて母親は使わせてもらえなかったそうです
    大事にしてるのに水が勿体無いから衣類を150パーセントぐらいまで入れ洗濯物がヴッ…ヴッ…ヴッ…と泥水みたい汚くなった水の中で小刻みに揺れていたといまだに母親は姑の愚痴を言います
    返信

    +39

    -1

  • 71. 匿名 2017/10/12(木) 12:49:57  [通報]

    父親は戦時下の中国『満州国』生まれ。 
    敗戦し、昭和19年生なので一才位で引き揚げて来れました。

    歴史の通り、多くの人達が戦後の混乱・餓死・親が乳飲み子を連れてこれず現地の人に泣く泣く託した・引き揚げ船の中で亡くなった人は伝染病予防や荼毘に伏す為にも海に放されました。

    父親は何もわからずの赤ん坊で無事に帰国できましたが、生まれながらに死んでいってもおかしくない状況下だったのです。

    もし、父親がその時に命を落としていたら私はいません。
    運と、命からがら連れ帰ってくれた祖父母~姉兄弟~親族には、改めて感謝の念があります。

    そして、戦争ということで人生が狂わされた先人の方々にも思いを馳せます…
    返信

    +68

    -0

  • 72. 匿名 2017/10/12(木) 12:50:02  [通報]

    YouTubeの玉音放送聞いて少し泣いてた。
    返信

    +32

    -0

  • 73. 匿名 2017/10/12(木) 12:50:10  [通報]

    昭和天皇の写真が飾られてる。祖父は戦争でたくさん人を殺したと言ってた。たくさん友人も殺されたって。
    戦争が終わってから日本に戻って、戦友たちの遺品を家族に届けて回ったみたい。今でも祖父の部屋はたくさんの友人の写真が飾られてるよ。
    戦争から帰ってきたら、妻子は死んでたって。
    返信

    +47

    -0

  • 74. 匿名 2017/10/12(木) 12:50:10  [通報]

    男尊女卑
    返信

    +5

    -0

  • 75. 匿名 2017/10/12(木) 12:50:11  [通報]

    >>69人減らしはあったよ。女の子は高かったらしい。
    返信

    +17

    -0

  • 76. 匿名 2017/10/12(木) 12:51:39  [通報]

    >>27
    (;_;)
    返信

    +18

    -1

  • 77. 匿名 2017/10/12(木) 12:52:18  [通報]

    >>24
    野戦病院があちこちにできて、戦争で怪我をした人達の手当てに追われていたから必要とされていたのかも。
    返信

    +20

    -0

  • 78. 匿名 2017/10/12(木) 12:53:19  [通報]

    うちの祖母は空襲のあと、街路樹に銀色の長いテープがたくさん引っかかってたと言ってました。
    聞いたことないけど、そんな物も落ちてきたのかな??
    返信

    +23

    -0

  • 79. 匿名 2017/10/12(木) 12:53:23  [通報]

    おじいちゃんのお兄さんが戦争で戦死している。小さかったおじいちゃんは、兄の記憶がほとんどなく、それでも骨さえ戻ってこなくて、母親が陰で泣いていたのを強烈に覚えているそう。
    海の近くに住んでいたので、食べるものがない時は、ひたすら海でシャコやカニ、小魚を食べていたので今は大嫌いみたいで、絶対食べない。
    返信

    +42

    -0

  • 80. 匿名 2017/10/12(木) 12:54:26  [通報]

    うちのおじいちゃんは戦時中満州へ行ってたって。
    もっと色々聞いとけばよかったなぁ。
    返信

    +29

    -0

  • 81. 匿名 2017/10/12(木) 12:54:53  [通報]

    数年前に亡くなったおばあちゃんの出身はサイパンです。
    当時は米軍に捕まったら殺されるという噂があったそうで、おばあちゃんの両親と兄弟のほとんどは自殺したそうで、おばあちゃんは弟2人と逃げて橋の下で身を潜めて過ごしてたと言ってました。
    返信

    +67

    -0

  • 82. 匿名 2017/10/12(木) 12:56:03  [通報]

    祖父の母が若い頃
    嫁いびりがあまりにも辛くて、まだ小さい祖父を連れて逃げ出そうとしたんだけど
    余所行きの服を着せられてはしゃいだ祖父のせいでバレちゃって連れ戻されたんだって
    その後もこき使われて若くして亡くなったそう
    女性が物のように扱われた時代

    でも、連れ戻されなきゃ私は生まれてこなかっただろうな
    返信

    +61

    -0

  • 83. 匿名 2017/10/12(木) 12:56:11  [通報]

    トイレが家の外のあるから
    夜おしっこしたくなった時は本当に辛かったって
    昔は住宅街に街灯もほとんど無かったって
    返信

    +25

    -0

  • 84. 匿名 2017/10/12(木) 12:56:23  [通報]

    >>71
    昔は年一回位の頻度で、中国残留孤児の人達が大勢来日して親族を探していましたね、国で援助している感じで。新聞やテレビで沢山報道されていました。
    返信

    +53

    -0

  • 85. 匿名 2017/10/12(木) 12:56:55  [通報]

    〜戦後の物資不足の生き抜き方〜
    ・父方祖母→コネを駆使して進駐軍関係者と知り合いになり缶詰など食料品を豊富にゲット。闇市にも出かけいろいろ手に入れる。だから父達は食べ物に不自由しなかったそう。転んでもただで起きないタイプ。
    ・母方の 〃→あちこち食べ物を分けてくれる農家などを探し回り自分の着物を交換し、大家族の食料を苦労して工面して歩いた。その苦労を母や叔父、叔母たちもよく理解している。慎ましく忍耐強い性格。
    返信

    +16

    -0

  • 86. 匿名 2017/10/12(木) 12:57:39  [通報]

    昭和10年生まれの祖母。終戦時10歳、隣県からも見えたヒロシマのきのこ雲は忘れられないと話していた。
    返信

    +50

    -0

  • 87. 匿名 2017/10/12(木) 12:58:20  [通報]

    なんだかんだで昔は殺人がいまより多かったくらい治安悪いのよ
    返信

    +32

    -0

  • 88. 匿名 2017/10/12(木) 13:00:23  [通報]

    私の優しかったお爺ちゃんも、戦争では東南アジア、朝鮮半島、中国で暴虐の限りを尽くしてたんだと思うと辛い。戦争は人格を変えてしまう。二度とあってはならないよね。
    返信

    +13

    -20

  • 89. 匿名 2017/10/12(木) 13:00:28  [通報]

    母方の祖父のお兄さんが戦死してしまい、祖父はお兄さんの元奥さんと結婚させられたけど、後に離婚して祖母と再婚したと聞いた。
    返信

    +16

    -0

  • 90. 匿名 2017/10/12(木) 13:00:55  [通報]

    終戦して生きて帰ってこられた近所の人達。最前線にいた人は食べ物も無く栄養失調になって歩けなくて駅からリヤカーの荷台に乗って帰ってきたけれど、天皇の警護をしていた人は栄養が満たされて太って帰ってきたそうな。
    返信

    +36

    -0

  • 91. 匿名 2017/10/12(木) 13:01:33  [通報]

    >>63>>65
    単純に画質悪かっただけかとw
    返信

    +3

    -4

  • 92. 匿名 2017/10/12(木) 13:02:06  [通報]

    おばあちゃんは昔、むじなに馬鹿された事があるって言ってた。

    田舎の駅で、大きい荷物背負って階段のぼろうとしてたら
    若い兵隊さんが来て、荷物ごとおばあちゃんを背負ってくれたって。
    話し掛けても兵隊さんはひと言もしゃべらず
    おろしてもらった時にお礼を言おうとしたら、いつの間にか消えていたって。

    「あれは絶対、むじなが人間に化けた姿だったと思う!」
    っておばあちゃんは言ってたけど
    私は「それって、戦争で亡くなった兵隊さんなんじゃないの?」と思った。
    返信

    +59

    -0

  • 93. 匿名 2017/10/12(木) 13:02:41  [通報]

    >>69
    外地からの引き揚げにはよくあったらしいよ。
    今の感覚で考えてはいけないね。
    母子全員で死ぬか、泣く泣く1人だけ手放して生き延びるかの究極の選択。そして手放した子供が強運でこれから生きていくことを望んでね。
    中国あたりは日本人の子供は頭がいいから欲しがったとも話に聞いた。
    返信

    +21

    -0

  • 94. 匿名 2017/10/12(木) 13:02:44  [通報]

    生きるか死ぬかで命を懸けて出兵していった男性達を思うとこの時代の男尊女卑は仕方なかったのかも…と、思えてしまう。
    返信

    +50

    -0

  • 95. 匿名 2017/10/12(木) 13:04:14  [通報]

    うーんと歳が離れた兄弟姉妹が多い。
    叔父叔母が甥っ子姪っ子と年の差が3つ4つしか違わないということもよくあったみたい。
    実際私の祖父も小学生の時、同じ小学校に通ってる甥っ子がいてその甥っ子がよく近所の人と
    「お前お兄さんがいるだろ?」
    「ううん、いないよ」
    「同じ学校に通ってるお兄さんがいるじゃないか」
    「あれは叔父さんじゃー」
    近所の人みんな「エエエエーーーーーー!!!!!!」
    っていう会話してるの何度も聞いたって言ってた。
    返信

    +36

    -0

  • 96. 匿名 2017/10/12(木) 13:04:16  [通報]

    少年兵ってみんな志願兵だと思われてるけど、実際はそうじゃない
    学校から一人選んで出さなきゃいけないってことがあったらしい

    祖父の弟は学業が優秀だったから選ばれてしまった
    本当は学校の先生になりたかったんだって
    でも戦争に行って17歳の若さで潜水艦に乗って戦死した
    無理やり行かされたんだよ
    返信

    +73

    -0

  • 97. 匿名 2017/10/12(木) 13:04:23  [通報]

    「朝鮮人には気をつけろ」

    これ昔の世代の定番であり、重要な教訓
    返信

    +81

    -2

  • 98. 匿名 2017/10/12(木) 13:04:39  [通報]

    屋根裏で蚕飼ってたんだって。
    なかなかの儲けになるから、お蚕様って呼んでたらしいよ。
    返信

    +56

    -0

  • 99. 匿名 2017/10/12(木) 13:06:41  [通報]

    >>95
    93のおばあちゃん、姪っ子(姉の子)と同級生だよ。
    19離れてるww
    返信

    +10

    -0

  • 100. 匿名 2017/10/12(木) 13:07:51  [通報]

    大正時代かな?
    おじいちゃん、大学時代にドイツ語の授業を受けてたよ。英語より盛んだったのかな。
    返信

    +20

    -0

  • 101. 匿名 2017/10/12(木) 13:08:45  [通報]

    一人暮らししてた旦那のお婆ちゃんを引き取った時に5時のサイレン聞いて「灯りを消せ!」って言ったらしいけど空襲と思ったのかな。
    返信

    +39

    -0

  • 102. 匿名 2017/10/12(木) 13:09:33  [通報]

    東京大空襲の時、夜になると南の空が炎でオレンジ色に染まっていたと言っていました。
    返信

    +30

    -0

  • 103. 匿名 2017/10/12(木) 13:10:20  [通報]

    戦争時は、竹やりでアメリカの飛行機を墜落させようと、空に向かって突く練習を真面目に大人も子供もしてたらしい。
    今となっては笑える、やっつけれる訳ないがな。と80才になった母が申しておりました。
    返信

    +54

    -0

  • 104. 匿名 2017/10/12(木) 13:12:02  [通報]

    本当に人柱はあったと大正生まれの祖母に以前聞いたことがあります。橋を作る時とか。
    返信

    +28

    -1

  • 105. 匿名 2017/10/12(木) 13:12:54  [通報]

    >>69
    子供のない夫婦が親しい子だくさんに「○○ちゃん、うちの子にくれないかしら」
    と養子にもらうことはよくあった。
    坂本龍一の父親も、もともとは坂本夫婦が福岡にいた頃に迎えた養子だったと坂本の
    インタビューで読んだことある。
    返信

    +40

    -0

  • 106. 匿名 2017/10/12(木) 13:13:49  [通報]

    武士だった高祖父の話を祖母から聞いたことがあるけど、無口で凄く怖い人だったらしい。
    返信

    +26

    -0

  • 107. 匿名 2017/10/12(木) 13:14:37  [通報]

    >>67
    ヒロポンとか言うんでしたっけ。昔は合法だったらしいですね…
    返信

    +46

    -0

  • 108. 匿名 2017/10/12(木) 13:15:24  [通報]

    母方の祖父は、戦時中の事は一切話してくれませんでした。自分以外の兄弟を戦場で亡くしてるみたい。
    祖父自身も体に酷いやけどの跡がありました。
    小柄(152㎝)でへらへらしてる可愛いおじいちゃんだけど剣道6段でいつも素振りや山をジョギングして体力づくりをしていました。






    返信

    +37

    -0

  • 109. 匿名 2017/10/12(木) 13:16:17  [通報]

    >>107
    水木しげるさんが当時の同居相手に打たれて中毒になっちゃったんだよね
    返信

    +33

    -0

  • 110. 匿名 2017/10/12(木) 13:18:25  [通報]

    >>91
    目元修正してたから。
    昔の写真の現物を見るとよくわかる。
    昔からSNOW的なものが好きだったんだなぁと。
    返信

    +9

    -3

  • 111. 匿名 2017/10/12(木) 13:20:06  [通報]

    祖父の母親(父親は戦争で他界)が地元に住んでいた
    祖母の実家を訪ねて祖母を嫁に欲しいと言って結婚した。
    農家を継いだ祖父は頑固で寡黙な人だったが働き者だった。
    祖父の母親は勝ち気できつくて祖母はよくいじめられた。
    数年前手術を受けた祖母が手術後にまだ意識朦朧とする中
    ○○さん(曾祖母)にいじめられたーと叫んでいた。
    曾祖母はやがて寝たきりになり農業に自宅介護に本当に大変だった。
    同じ苦労を娘達に味わわせたくない。今はボケたり
    寝たきりにならないように自分で自分の体の子守りをしている。
    と祖母から聞きました。
    返信

    +30

    -0

  • 112. 匿名 2017/10/12(木) 13:22:23  [通報]

    昭和7年生まれだった父は学徒動員で機関区に詰めてたそうです。朝、磨きあげた機関車が夕方にはアチコチに銃弾を受けてお湯を吹き出しながら車庫に帰って来てたのが悲しかったって。

    そして7月14日に本州へ物資を運んでた津軽丸がアベンジャーの強襲受けて沈没しちまったんだ…といつもくだんの日が来ると話してましたよ。

    口グセは「戦争はお腹も心も飢える。あんな思いはもうしちゃなんね」です
    返信

    +43

    -0

  • 113. 匿名 2017/10/12(木) 13:23:16  [通報]

    戦時中や戦後に水とんは飽きるほど食べたから
    水とんは大嫌いと86歳の祖母。
    返信

    +28

    -0

  • 114. 匿名 2017/10/12(木) 13:23:20  [通報]

    今でいうDV
    普通に受けてた
    返信

    +21

    -0

  • 115. 匿名 2017/10/12(木) 13:23:30  [通報]

    トピ画のかまどは義実家でいまも現役
    お米は炊飯器で炊いてるしガスもあるけど、お湯をたくさん沸かしたり
    とうもろこし蒸したり、すごい楽しい!
    返信

    +29

    -0

  • 116. 匿名 2017/10/12(木) 13:23:51  [通報]

    祖母も母も女学校や高校を出てるけど、同世代の貧しい農家の女の子の中には、小学校にもろくに通わせてもらえず、農作業や子守りや家事をさせられ、戦時中は学校も勉強がなくて工場で働かされていたので、読み書きがほとんどできない人もいた。
    小学校の時、仲良しの同級生のお母さんがそういう人で、PTAで配られたプリントが読めなくて、こっそりうちの母に内容を教わりに来てた。
    日常会話は普通だし、ひらがな、カタカナと簡単な漢字と家族の名前くらいは書けるらしいけど。
    返信

    +35

    -0

  • 117. 匿名 2017/10/12(木) 13:25:06  [通報]

    祖母は字が下手だからと自分で字を書くのを嫌がる。
    返信

    +17

    -1

  • 118. 匿名 2017/10/12(木) 13:27:33  [通報]

    >>107
    戦後日本の高度経済成長はそういうもののおかげでもあるわけさ
    返信

    +18

    -0

  • 119. 匿名 2017/10/12(木) 13:31:10  [通報]

    戦争初期に政治集会に参加して憲兵に目を付けられたので東京に逃げる
    ほとぼりが冷めた頃に帰郷
    祖父が逮捕されていたら自分は存在していなかったかも…
    返信

    +15

    -0

  • 120. 匿名 2017/10/12(木) 13:35:50  [通報]

    焼き鮭を食べられるのは正月ぐらいだった
    返信

    +7

    -2

  • 121. 匿名 2017/10/12(木) 13:41:20  [通報]

    お爺ちゃんは終戦後、ソ連の侵略から守るために、北海道に配属されました。そんな私は道産子です。
    返信

    +23

    -0

  • 122. 匿名 2017/10/12(木) 13:42:10  [通報]

    自分の旦那さんになる人と初めて会ったのが、結婚式の当日だったらしい
    返信

    +9

    -0

  • 123. 匿名 2017/10/12(木) 13:43:35  [通報]

    父方の祖母は13歳で見合い結婚したそう。でも祖父が戦争に行き、帰って来ず、生活のため畑仕事をしていたら、ひょっこり祖父が帰って来たらしいです。その後、子沢山で、祖父が亡くなるまで祖父を愛していました。13歳で……苦労したな、おばあちゃん!!
    返信

    +54

    -0

  • 124. 匿名 2017/10/12(木) 13:43:38  [通報]

    祖母は終戦直前の8月2日に第一子を産んだ
    大きいお腹を抱えて空襲から逃げては竹やぶの中で風呂敷をかぶってじっとしてたらしい
    まだふにゃふにゃの赤ちゃんを抱いて、日本が負けてこれからこの国はどうなるんだろうってどんなに不安だったろうって思う
    その時夫である祖父は伊勢にいて関東の家からは遠かったし、自分の実家は今の交通事情で30分くらいのとこだから、なおさらそう思う
    今の妊婦様、ベビーカー様とはほど遠い話だよ
    返信

    +44

    -0

  • 125. 匿名 2017/10/12(木) 13:47:04  [通報]

    >>63
    田舎町にも’70年頃にはもう既にあったはず
    返信

    +5

    -0

  • 126. 匿名 2017/10/12(木) 13:48:16  [通報]

    私の祖父は戦艦大和の乗艦してた。
    当時、戦艦大和を初めて見た時、あまりの大きさに度肝を抜かれたって言ってた。
    まるで島みたいな船が浮いてる様だったって。

    数年前、足腰が弱まって来た祖父を家族みんなで、旅行も兼ねて呉市まで行きました。
    大和ミュージアムに行き、海軍墓地にも行きました。
    「もうそろそろ、俺も皆んなのところに行くからなぁ、待っててくれよ、生き残ってすまんすまん」
    と泣いてる祖父を初めて見た。
    その言葉通りなのか安心したのか、半年後に亡くなりました。
    返信

    +85

    -0

  • 127. 匿名 2017/10/12(木) 13:52:46  [通報]

    祖父が戦争から帰ってきたら東京大空襲で
    家も家族もいなく
    その亡くなった家族は東京慰霊堂に眠っています
    返信

    +28

    -0

  • 128. 匿名 2017/10/12(木) 13:53:50  [通報]

    >>59
    籠(ろう)球って呼んでたらしい
    テニスは庭球、バレーボールは排球、サッカーは蹴球辺りは広く知られているけど、他にも
    ドッジボールは避球、ハンドボールは送球、ラグビーは闘球、アメフトは鎧球、ビリヤードは撞球等々
    返信

    +11

    -0

  • 129. 匿名 2017/10/12(木) 13:55:00  [通報]

    祖父は兵隊さんでした。
    祖母の弟は戦死しました。
    とても怖い思いをしながら日本を守ってくれてた人たちがいます。
    返信

    +45

    -0

  • 130. 匿名 2017/10/12(木) 13:57:30  [通報]

    きょうだいがたくさんで、そのうちの何人かは大人になる前に亡くなってるんだよね。
    返信

    +23

    -0

  • 131. 匿名 2017/10/12(木) 13:59:37  [通報]

    >>33
    それww
    ばあちゃんに「君の名は の漫画を見てきた」って言ったら「漫画になったんだね。あれは戦時中のいい話だよ」って言うから??と思ってたらコレだったんだ 笑笑
    返信

    +30

    -0

  • 132. 匿名 2017/10/12(木) 14:06:15  [通報]

    100歳祖父が亡くなって遺品整理してたら手帳が出てきたんどけど浮気相手の電話番号がモールス信号で書いてあった
    返信

    +48

    -0

  • 133. 匿名 2017/10/12(木) 14:08:14  [通報]

    >>132
    じいちゃんも考えたな
    返信

    +39

    -0

  • 134. 匿名 2017/10/12(木) 14:08:22  [通報]

    父方の祖母は16歳で結婚。
    産みも産んだり9人兄妹。
    孫20人。
    一番上の兄と、一番下の妹は20歳違い。
    父は下から3番目。
    返信

    +23

    -0

  • 135. 匿名 2017/10/12(木) 14:16:48  [通報]

    >>126
    泣いた(;ω;)
    返信

    +32

    -0

  • 136. 匿名 2017/10/12(木) 14:21:44  [通報]

    祖父は海辺の漁師町で育ったんだけど
    浜辺で遊んでる時、遠方の空から飛行機が飛んできて、てっきり日本だと思って
    「おーい!」と手を降ったら海の彼方あたりをダッダダーって2~3発打ったらしい。
    敵軍の飛行機だったとか。
    そのあと大きな街の大空襲があったと聞いて「米軍でも子供は打ちとうなかったんやなぁ。逃げろよーって教えてくれたんかもしれん」と話してた。
    返信

    +46

    -0

  • 137. 匿名 2017/10/12(木) 14:28:38  [通報]

    私の友人の話です。
    曾祖父は突然死で若くして亡くなり祖父は片足に障害があり
    日常生活を過ごすのがやっとで徴兵免除されました。
    田舎にある小さな村だったので働くのも難しかった祖父は非国民と蔑まれ
    厄介者扱いされ村八分を受けていました。母親をはじめ家族親戚からも疎まれ
    家の中でも居場所はなかったそうです。食事を減らされたり痩せていました。
    そんな祖父と娘や孫娘を結婚させたい嫁がせたいと思う村人はいなくて
    祖父が結婚したのは30代半ばでした。結婚相手は孤児で同じく厄介者扱いされ苦労してきた若い祖母でした。
    一回り以上年がはなれていましたが人生に絶望し他人を拒絶していた祖父に
    祖母はこきつかわれる合間に強引に祖父を家から連れ出して
    二人で過ごしたそうです。しかし周囲から猛反対されて
    このままでは引き離されると思った祖母は少しずつ貯めた少しのお金で
    古いリヤカーを譲り受け夜中にこっそりと抜け出すと
    リヤカーに祖父を乗せてリヤカーを引いて夜逃げ駆け落ちしました。
    極貧生活の放浪の末に親切な人と知り合いやっと
    落ち着く事ができたそうです。
    そして友人の母親である娘が産まれました。健康でした。
    祖父は孫である友人が生まれる前に亡くなりましたがおしどり夫婦だったそうです。
    祖母は詳しくは話してくれなかったらしく祖父母の故郷はわかりません。
    ただ片足に障害があった長男でもなかった祖父を戦争という激動の時代に
    捨てたり間引いたりしなかった事だけは感謝していると友人は言っていました。
    返信

    +47

    -0

  • 138. 匿名 2017/10/12(木) 14:34:39  [通報]

    亡くなった祖父は戦時中、船で料理番みたいな役目だったから、料理ができた。生きていれば90歳半ばくらいかな。その世代では珍しかった。祖母はスーパーカブを颯爽と乗りこなしていた。
    返信

    +17

    -0

  • 139. 匿名 2017/10/12(木) 14:37:07  [通報]

    >>126
    生き残った人達も「自分だけが生き残って」と自分を責めてたと聞く。

    じいちゃんが生き残ったのは仲間たちが『確かに生きていた』という証言をする使命があったから生き残ったんだね。
    戦後の日本の発展の話を土産に、天国で仲間たちと会ってるでしょうね
    返信

    +49

    -0

  • 140. 匿名 2017/10/12(木) 14:44:38  [通報]

    海軍はもてたって言ってた。制服効果らしい
    返信

    +16

    -0

  • 141. 匿名 2017/10/12(木) 15:04:15  [通報]

    >>24
    私の祖母も看護婦でした。
    返信

    +3

    -0

  • 142. 匿名 2017/10/12(木) 15:08:27  [通報]

    祖母の話
    戦後、引き上げ船で帰ってきた兵隊さんが近所の神社で飢えで死んでいた。

    その人は戦争が終わって、家族と会えると喜んで帰ったのに家族は空襲で全員が死んでたそう。
    憔悴しきった兵隊さんが気の毒で祖祖母が蒸したさつま芋を勧めると
    「家族も仲間も皆死んだ中、私に生きる意味はない」と何度すすめても受け取らなかったらしい。
    弱っていく兵隊さんになすすべもなかったとか。

    祖母「戦争で命からがら帰ってきたのにあまりにも可哀相だった。人は誰かが側にいてくれるから頑張れる。生きる気力すら奪うのが戦争なんや」
    と何度も話してました。
    返信

    +53

    -0

  • 143. 匿名 2017/10/12(木) 15:13:44  [通報]

    >>140
    今でも制服組の自衛官は人気だね。昔からそうだったのか
    返信

    +16

    -0

  • 144. 匿名 2017/10/12(木) 15:19:37  [通報]

    うちの大正生まれの祖母は舞台女優の子役の仕事をしていて小学校も3年生くらいまでしかいってないので私が小学生の時に一緒に読み書き勉強したよ。すごく嬉しそうだった。今でも新しいこと(主に手芸だけど)に挑戦するのが好きでピンピンしてます。
    返信

    +24

    -0

  • 145. 匿名 2017/10/12(木) 15:20:37  [通報]

    戦争中は敵性英語は禁止だけど 海軍の呉の海軍兵学校の試験には 英語が有ったんだよ 英語は必要だと。
    返信

    +26

    -0

  • 146. 匿名 2017/10/12(木) 15:30:42  [通報]

    大正生まれ故人のおばあちゃん。
    小さいときに井戸に落ちてしまったけど、なんとか助かったそうです。
    「おとっつぁーん」ってお父さんを呼んで。

    晩年病気で多少呆けて、両親の布団の間に潜り込んだつもりになってました。子供の頃に戻れて幸せだったかな?天国で会えていますように。
    返信

    +25

    -0

  • 147. 匿名 2017/10/12(木) 15:50:40  [通報]

    洗濯は川でしてたって。
    冬は辛かっただろうなぁ。
    返信

    +9

    -0

  • 148. 匿名 2017/10/12(木) 16:03:15  [通報]

    佐賀生まれの父は長崎に投下された原爆のキノコ雲を見たらしい。
    その後戦争が終わり、リアルに火垂るの墓のせいたみたいに栄養失調の少年が道端でゴロゴロ死んでたって。
    父は虫やら草やらを食べて生き残ったけど成長期にそんな暮らしだったから身長が160cmぐらいしかないんだけど、それを知らないで反抗期の時に「ちっちぇー男。」って言ってしまったのを本当に後悔してます。
    返信

    +40

    -0

  • 149. 匿名 2017/10/12(木) 16:12:51  [通報]

    私の祖母の話です。
    祖母が娘時代、三軒隣の大学生のお兄さんに恋をしていたそうです。
    スマートでハンサムで、そのお兄さんが朝に通学する時間を見計らって、朝の挨拶をしたいが為に玄関先を掃き掃除したりしたそうです。
    「おはよう、今日も良い天気だね」
    「朝から掃き掃除かい?偉いね」
    うら若き乙女が、無闇に男性に話しかけるのがはしたないと言われた時代、それだけで、今でいうキュンキュンしたそうです。
    時代が時代で、そのお兄さんが戦争に取られる事になり、出征する時には駅で万歳、万歳を言ったのを今でも覚えてると。
    お兄さんが戦死した報を聞いた時、戦死は名誉とされたいたので、大っぴらに泣く事も出来ず、布団に包まり泣いたそうです。

    そんな祖母も結婚をする事になり、曽祖父が連れて来たのは、お兄さんとの真反対の色の黒い、ずんぐりむっくりした泥人形みたいな祖父でした。
    親同士が決めた事とはいえ、嫌で嫌で仕方なかったそうです。
    しかし、祖父は見かけによらず働き者で、優しくて、あまり酒も飲まない人でした。

    一度、祖母に「生まれ変わっても、爺ちゃんと一緒になる?」と聞いたら、祖母は「生まれ変わっても、捜し出してでも爺ちゃんと一緒になる」と答えてくれました。
    祖父に同じ事を聞いたら、笑いながら「婆ちゃんには、色々と苦労かけたから、次は苦労の少ない人と結婚して欲しいかな」と答えてくれました。
    爺ちゃんの方が先に旅立ちましたが、祖母は毎日、仏壇に手を合わせてます。
    返信

    +78

    -0

  • 150. 匿名 2017/10/12(木) 16:21:38  [通報]

    ラジオで原爆が投下されました!って何回も言うから外に出て見ると
    長崎方面からきのこ雲が上がるのを見たそうです
    少しして被災した人の世話をしなくてはいけなくなったんだけど
    髪が真っ白の人ばっかりなのが不思議だったって
    でも治療はそこそこにするだけだったらしい
    放射能浴びすぎて助からないから
    返信

    +10

    -0

  • 151. 匿名 2017/10/12(木) 16:29:46  [通報]

    原爆投下数日前まで広島にいた祖父。
    軍の上部から
    『長崎に行け』
    と言われて、長崎へ発ったんだけど、長崎に着いたらすぐに
    『広島に新型爆弾が投下されたらしい、至急戻れ』
    と言われ、そんな馬鹿なと急いで広島へ戻ったら地獄絵図で泣いたって。
    そんな中で長崎にも原爆が投下されて、本当に生きているのが奇跡だって、存命の頃に一度だけ話してくれた。
    当時小学生で
    『じいちゃんすごいねー!』
    で、終わったけど、じっくり話を聞いておけば良かったなー…。
    返信

    +44

    -0

  • 152. 匿名 2017/10/12(木) 16:33:19  [通報]

    >>11 うちの辺りはど田舎だからいまだにイナゴの佃煮売ってるけどね。美味しいよ〜
    返信

    +2

    -0

  • 153. 匿名 2017/10/12(木) 16:48:22  [通報]

    嫌韓意識ってネットしている若者の特徴みたいに思われてる節があるけど、おじいちゃんおばあちゃん世代の方がもっと根深くてあからさま。訪問介護の仕事してて、いろいろ聞かされる。
    返信

    +42

    -0

  • 154. 匿名 2017/10/12(木) 17:05:26  [通報]

    下駄に刃を付けて田んぼスケート
    返信

    +0

    -0

  • 155. 匿名 2017/10/12(木) 17:05:50  [通報]

    >>153
    ん?何が言いたいの?
    返信

    +2

    -6

  • 156. 匿名 2017/10/12(木) 17:11:40  [通報]

    >>65 写真屋さんが加工してたかもよ?
    返信

    +0

    -2

  • 157. 匿名 2017/10/12(木) 17:19:41  [通報]

    >>149
    乙女の純粋キュンキュン話しからの

    >>お兄さんとの真反対の色の黒い、ずんぐりむっくりした泥人形みたいな祖父でした

    で笑ったわ
    返信

    +30

    -0

  • 158. 匿名 2017/10/12(木) 17:27:44  [通報]

    >>69
    犬の子ぐらいカジュアルにあげたりもらったりしてたみたいね。
    今よりもっと人権意識が低いから、殺しも大した事件にならず
    小学校に通う◯◯君が来なくなったと思ったら殺人で逮捕されたけど周りはさして驚きもしない、みたいな話知ってる。
    返信

    +4

    -1

  • 159. 匿名 2017/10/12(木) 17:27:47  [通報]

    >>157
    でもその後の、生まれ変わっても…のくだりで泣いたわ。じいちゃんもばあちゃんもええ人や。
    返信

    +52

    -0

  • 160. 匿名 2017/10/12(木) 17:40:38  [通報]

    >>155
    日本人の朝鮮嫌いは今に始まったことではないってこと。
    一時的なブームとかではなく、昔から嫌われるべくして嫌われてきた。
    彼らの暴挙を目の当たりにした高齢者がたくさんいます。
    返信

    +42

    -0

  • 161. 匿名 2017/10/12(木) 17:50:40  [通報]

    >>158さん
    カジュアルかは分からないけど、亡くなった祖母の一番下の妹は曽祖父の弟がある日突然、勝手に連れて行ったらしい。
    信じられなくて何度も祖母に聞いたんだけど「欲しい」「やる」って感じだったみたい。
    返信

    +7

    -0

  • 162. 匿名 2017/10/12(木) 17:52:47  [通報]

    男3人女3人兄弟の三男の祖父。
    上の兄はテニヤンで、下の兄はニューギニアで死んだ。

    終戦の年に赤紙きて徴兵検査に甲種合格したけど、早生まれだったから同級生より入営が遅れて出征することはなかった。
    でも一級上の先輩は知覧の飛行場から飛んで行って帰って来なかった。

    戦争終わったら両親が相次いで病死。
    妹もみんな先に死んだ。
    妻である祖母にも先立たれ、でもまだ祖父は生きている。
    返信

    +31

    -0

  • 163. 匿名 2017/10/12(木) 17:54:35  [通報]

    田舎の山の出の祖母も言ってた。アチラの人は辛い仕事をしてたけど、いつも喧嘩腰の喋り方がうるさくて怖かったって。近寄るなって言われてたって。
    返信

    +16

    -0

  • 164. 匿名 2017/10/12(木) 18:24:00  [通報]

    ばあちゃんが 学生時代、体重が重ければ重いほど
    「あの家は食べ物があるんだ、いいなぁ。」
    と思われるらしくて、身体測定の日は みんな 何時間もおしっこ我慢して 少しでも体重増やそうとしてたんだって。

    今じゃ 無理なダイエットや、インスタのために写真撮ったら 食べずに捨てるとか 物を粗末にしすぎだね。
    返信

    +44

    -0

  • 165. 匿名 2017/10/12(木) 18:34:55  [通報]

    遠足は袴に草鞋を穿いて行ったらしいよ。
    返信

    +3

    -0

  • 166. 匿名 2017/10/12(木) 19:12:46  [通報]

    なんだこの泣けるとピは(T-T)
    返信

    +44

    -1

  • 167. 匿名 2017/10/12(木) 19:47:01  [通報]

    かの、『満州国』いわゆるラストエンペラー。
    最後の清王朝皇帝・愛新覚羅溥傑の皇后さまですら、40前後の若さでアヘン戦争の犠牲となり、遺骨すらも見つからないままですよね。

    例えるなら今の王室・皇族のような方々すら歴史に翻弄されて市勢の人々の如く無惨な死を遂げたりしてる人生の事実を知り、泣きました。
    返信

    +12

    -0

  • 168. 匿名 2017/10/12(木) 19:49:57  [通報]

    >>132
    真っ黒な手帳だね(笑)
    返信

    +9

    -0

  • 169. 匿名 2017/10/12(木) 19:56:56  [通報]

    私の祖父は国鉄の運転手でした。
    なので、戦争には行ってないのですが、その事を悪く言われる事もあったそうです。
    お風呂は絶対に祖父が一番でした。
    返信

    +29

    -1

  • 170. 匿名 2017/10/12(木) 20:03:10  [通報]

    今は25~35歳くらいに
    同年代と結婚が普通だけど、
    80歳のおばあちゃんの時は
    20歳位にお見合い結婚で5歳位上の人と結婚が普通だったらしい。
    そんなに昔でも5歳差位なんだから、年の差結婚が流行るわけないよね〜
    返信

    +7

    -0

  • 171. 匿名 2017/10/12(木) 20:05:05  [通報]

    お母さんの時代でも、お弁当の中身が白米、漬物、ちくわとかやったって。よくて卵焼き。
    鶏肉やお肉はお祝い事でしかたべれなかったらしい。。。
    返信

    +17

    -0

  • 172. 匿名 2017/10/12(木) 20:11:21  [通報]

    おじいちゃんは8人兄弟で弟をおんぶして学校に行ってたらしい
    返信

    +10

    -0

  • 173. 匿名 2017/10/12(木) 20:37:27  [通報]

    昭和8年生まれのじいちゃんの兄弟
    1ダースだったらしい
    祖祖母は12人もよく産んだなと驚く
    返信

    +21

    -1

  • 174. 匿名 2017/10/12(木) 20:44:38  [通報]

    学校の課題で祖父母に話を聞いたことがある。母方は裕福で高等女学校の話なんか聞いて楽しそうだな〜と思った。でもそれは明るい話を聞いただけ。父方の祖父からは終戦後生まれた私の父の話で、食糧難でいつもお腹を空かせていたって聞いて電話だったんだけど号泣して話の続きが聞けなかった。祖父母が経験した戦争時代、戦後の混乱、生き抜いてきたことなどもっと聞いておけば良かったけど、現代からは想像できなくて辛くて聞くの無理だと逃げていたのが悔やまれる。
    返信

    +23

    -0

  • 175. 匿名 2017/10/12(木) 20:58:00  [通報]

    明治後期の生まれだった栃木の祖父の家は大きな商家で、なんと少年らが数人「人買い」に連れられて売られてきたそうです。
    だから昭和一桁の頃かな。
    労働に耐えられず、みんな逃げてしまい残った少年は一人だけだったって。
    昭和初期の田舎町では人権も法律もなかったみたい。
    牧歌的な昔の日本は良かった~話だけでなく、こういうダークでリアルな話を聞きたい
    返信

    +32

    -0

  • 176. 匿名 2017/10/12(木) 21:11:07  [通報]

    うちは東京の町田市だけど、この前亡くなったお隣のおじいさんが
    「戦後、ここで農家をしていたが食料難で農作業している間に、都心からきた人らが勝手にうちに上がって、ご飯や食べ物を掴んで食べていた。
    出征して戦争で色んな体験をしたから、私はもう何があっても驚かないんですよ」
    と静かに語ったのにはすごい迫力があった
    返信

    +25

    -1

  • 177. 匿名 2017/10/12(木) 21:52:43  [通報]

    長野県出身の祖父は日本統治下の台湾にあった師範学校卒です。長男なのにあまりに自由人過ぎたため遠くの学校にやられたとかで。大阪の師範学校も合格してたけど、海の向こうに憧れてたから台湾に進学。
    結局、卒業後少し台湾の小学校で働いたら徴兵されちゃったんですけどね。でもすごくいい思い出だったそうです。
    返信

    +16

    -0

  • 178. 匿名 2017/10/12(木) 22:00:32  [通報]

    大正初期生まれの祖母
    小さい頃に父親が亡くなったから
    小学校出たら中学に行かず働いてたそうです
    なんの仕事かは聞いてないけど多分農業の手伝いかな?
    返信

    +11

    -1

  • 179. 匿名 2017/10/12(木) 22:05:40  [通報]

    >>107
    ヒロポンは、元は特攻隊に出る兵士の恐怖心を落ちつかかせる為、着付け薬として飲ませていた薬(という感の、当時で言えば安定剤、麻薬的な薬だったのかな)ですよね。

    戦後、在庫処分に困って、「疲労回復薬」今で言えば栄養材みたいにして売り出したものだそうです。

    国策でとんでもないことしてたんだね。
    時代なんだろうけど…。
    ヒロポン中毒と聞くと、今の覚醒剤や脱法ドラッグとは違うと思っています。
    返信

    +26

    -0

  • 180. 匿名 2017/10/12(木) 22:18:02  [通報]

    80過ぎのおじいちゃんは戦争行って何人者の死体見てきたって。食べ物の今じゃ考えられないの食べてたって何食べてたのか教えてくれないんだよね
    返信

    +13

    -0

  • 181. 匿名 2017/10/12(木) 22:18:49  [通報]

    亡くなった祖父の財布から大昔に撮影されたであろう、今でいうクパァ写真がでてきたよ。着物で髪を結った祖母とは違う女性。昔もこういう写真あったんだね…てか祖父が撮ったのか貰ったのか、それとも闇で売っていたものなのか?
    返信

    +11

    -0

  • 182. 匿名 2017/10/12(木) 22:42:30  [通報]

    大正13年生まれの祖父の話。自宅は運送屋(馬を使ったもの)をしていた。
    馬は4頭いたけど、戦争で軍に連れていかれたらしい。馬は賢いから連れていかれるのを嫌がって、泣いていたらしい。動物が涙を流すのを初めて見たといっていました。
    そんな祖父は満州へ出兵。
    中国人は優しくて、小麦で作った饅頭や麺を振舞ってくれたが、風呂に入らないので小麦をこねる手が垢の層でひび割れてたな〜と話してくれました。
    寒さをしのぐために、お酒で体を温めたことも。
    楽しい話はしてくれたけど、辛い話はしなかった。
    今はわかるけど、したくなかったんだと思う。

    祖母は、何十年たっても焼夷弾が落ちる音とB29のエンジン音は覚えてると言っていました。
    夜中の空襲だと、焼夷弾が赤いカーテンみたいに見えて綺麗だと思ったけど言えなかったとも。
    低空で飛んでいたB29の操縦席の米兵の顔が見えたこと、その飛行機が飼っていた牛を撃って殺した時、自分も死ぬと思ったこと、たくさんの体験を話してくれました。

    2人とも死んでしまったけど、もっともっと、話を聞いておくべきだったな。
    返信

    +23

    -0

  • 183. 匿名 2017/10/12(木) 23:34:11  [通報]

    うちのおばあちゃんは花火の音を聞くと戦争を思い出すから怖いって言ってました。
    返信

    +9

    -0

  • 184. 匿名 2017/10/13(金) 00:24:19  [通報]

    3年前に亡くなったおじぃチャンは生きていたら96歳。
    農家の長男として生まれて、学校から帰ったら直ぐに農家の手伝いをするのが当たり前。勉強が大好きだったけど、親から『お前は長男なんだから勉強なんかするな!』と怒られたって言っていた。
    子供の頃から働いていただけあって、指の太さとか凄くて…働き者の手をしていた。
    戦争の話とかもたくさんしてくれた。
    おじぃチャンは苦労って言葉では表現できないほど大変な人生を歩んできたのに…私達孫には一度も『勉強しろ!』とか『家の手伝いしろ!』とか言ったことはなく、自分は大変な想いをしてきたんだ的な事も一切言わず…本当に穏やかで温かく優しいおじぃチャンでした。
    激動の時代を生きてきたのに、なんでこんなに穏やかなんだろうって、昔からずっと、亡くなった今でも尊敬してます。
    返信

    +27

    -0

  • 185. 匿名 2017/10/13(金) 00:25:34  [通報]

    今戦争になったら、絶対耐えられないと思う。子供は、ご飯はもちろん、お菓子やジュース当たり前だし、食べ物って本当にありがたい。我慢強くなれないと思う。現代っ子が戦争に合ったら、ってなんか想像つく。
    返信

    +14

    -0

  • 186. 匿名 2017/10/13(金) 00:39:51  [通報]

    明治生まれの祖父は、15歳くらいで大工の見習いになったそう。
    汗だくで働いても風呂に入れるのは順番が最後で、「脚絆湯」ばかりで全然すっきりしなかったそう。(足首までの高さしかお湯がない。ゲートルのようなきゃはんを足に巻いた時代なのでその例え)


    徴兵で歩兵として中国に送られ、猛勉強して曹長になったが、行軍で部下が追い付くまでその隊は座って休憩が許されない。
    だから立って待つしかなく、その連続で全然休憩なしで歩き続けたという話に、軍隊の苛烈さを感じた。


    臨終の時には天井に戦友が見えたらしく、しきりに何かを真剣に数回叫んだのを覚えています
    返信

    +16

    -0

  • 187. 匿名 2017/10/13(金) 00:44:37  [通報]

    茨城県日立市には、日立製作所があったので米軍の大空襲があった。
    祖母は亡くなるまで
    「太平洋沖からB29が編隊を組んでこっちに飛んで来るあの光景が恐ろしくて今でも思い出す」
    と何度も言ってたよ。
    想像するだけで怖い…これから爆撃されるなんて、これが戦争の実態なんだと思った
    返信

    +7

    -0

  • 188. 匿名 2017/10/13(金) 01:49:26  [通報]

    おじいちゃんが昭和9年生まれで広島の原爆の時、徳島からキノコ雲見えたらしい。

    返信

    +6

    -0

  • 189. 匿名 2017/10/13(金) 01:52:58  [通報]

    >>182私の祖父も満州へ行きました、日本人は鉄砲を持っているのに対し、中国人は自分達で作ったようなヤリや弓で反撃しようとしてたそうです。力の差は歴然ですよね。
    そう思うと、中国人も家族を守る為に外国から鉄砲を持って現れた日本人は恐怖で、勝てるはずもないのもわかっていながら戦おうとしたのかと、心が痛みました。
    戦争は本当に辛い事しかない。人同士が殺し合いをしたり、食べ物に困ったり、家族をなくしたり、生き残った者に死ぬまで後悔の十字架を背負わせる。
    返信

    +10

    -0

  • 190. 匿名 2017/10/13(金) 02:46:31  [通報]

    千葉生まれ千葉育ちの祖母は、子供の頃東京下町に奉公していたらしい。言葉とか料理とかが、東北や関西 九州系だったりする。東京は色んな出身地の人いるしね。
    返信

    +6

    -0

  • 191. 匿名 2017/10/13(金) 03:05:39  [通報]

    >>67
    ヒロポン?
    返信

    +2

    -1

  • 192. 匿名 2017/10/13(金) 03:29:44  [通報]

    祖父も祖母も私達が遊びに行くと、晩御飯の時はいつも「ちゃんと食べなさい、しっかり食べた?」と聞いてたなー。

    食べ物に苦労した時代を経験したから、しっかり食べさせたかったんだろうな。
    返信

    +9

    -0

  • 193. 匿名 2017/10/13(金) 03:41:02  [通報]

    今の雑穀米は健康食品だけど、昔は白いご飯が食べられない貧乏な人の食べ物だったらしい。外食とかで雑穀米が出ると、貧乏で辛かったことを思いだし、涙を流す年配の方がいた。
    返信

    +6

    -0

  • 194. 匿名 2017/10/13(金) 03:45:57  [通報]

    昔だからこそのダークな話はあるよね・・・。

    昔は障害児が生まれたら母屋とは違う、蔵や離れに幽閉していたらしい。
    存在を隠していたんだよね。

    今もあるそのお宅の前を車で通った時に、ここの蔵に隔離されてた◯◯ちゃんはどうしてるかね〜。いつも窓から外を見てたよね〜。と、なんでもないような口調で話していてびっくりしてしまった。
    返信

    +18

    -0

  • 195. 匿名 2017/10/13(金) 05:22:29  [通報]

    主人の祖母が昭和2年生まれで90歳?くらい。
    学徒動員で働いてた戦時中が青春だったって。
    福岡大空襲の時は糸島からも空が真っ赤に見えたらしい。
    返信

    +5

    -0

  • 196. 匿名 2017/10/13(金) 07:42:21  [通報]

    昔の歯の治療は主に抜く
    祖父のお見合い写真が出てきたときに出っ歯だったのが驚いた
    返信

    +5

    -0

  • 197. 匿名 2017/10/13(金) 08:14:53  [通報]

    地方だと昭和三十年代のはじめまでは舗装されていない道を通ってくる人が多かった。デパートには靴を脱いで入店したので下足番がいた。
    返信

    +7

    -0

  • 198. 匿名 2017/10/13(金) 08:33:36  [通報]

    おばあちゃんちの近くにあった本屋さんの裏側の道には、体を売る女の人がいるお店があって、幼い父に、あそこには近づくなって厳しく注意していたらしい。最近になって、そこが赤線地帯であったことを知りました。おばあちゃんは、どんなに辛い事があっても、あの空腹の戦争時代を乗り越えられたんだから大丈夫!と、よく話していました。もっと沢山話を聞いておけば良かったなぁ〜
    返信

    +9

    -0

  • 199. 匿名 2017/10/13(金) 08:37:48  [通報]

    祖父が小学生の時、頼まれ事で出かけた帰り河童を見たらしい。
    返信

    +6

    -0

  • 200. 匿名 2017/10/13(金) 09:01:53  [通報]

    満州にいた年寄りから聞いた話。

    満州には朝鮮人がたくさんいた。金持ちの朝鮮人はまあいいとして、貧乏な朝鮮人はよく娘を女衒に売り飛ばしていたそうだ。売られた娘たちが慰安婦になったんだそうだ。

    この話を聞いたときに私はわかった。韓国が慰安婦で日本をゆすりたかりをするが、そんなもんにびた一文支払う必要はないのだと。
    返信

    +13

    -0

  • 201. 匿名 2017/10/13(金) 09:03:12  [通報]

    祖母が妊娠した際、臨月まで馬車馬のように畑仕事をさせられ、祖父の両親から食べ物もろくに与えてもらえず、栄養失調状態だったそうです。
    祖母は第一子を出産しましたが、母体の健康状態が悪かったせいで、赤ちゃんはとても小さく黒く痩せていて、出産から数ヶ月で亡くなったそうです。
    跡取りをちゃんと産まなかったという理由で、私の祖父の両親は、祖母を厳しく叱責し、暴力も振るったそうで、それに耐えかねた祖父は、実家とは縁を切り、祖母を連れて家を出て、恥を承知で、祖母の実家に祖母を助けてくれるよう、懇願したそうです。
    その後、祖母の実家の助けもあり、祖母は元気な子供を3人出産しました。
    今はヘラヘラしてる祖父が、その時ばかりはヒーローだったと、生前、祖母が言っていたのを思い出しました。
    返信

    +21

    -0

  • 202. 匿名 2017/10/13(金) 09:04:49  [通報]

    >>194
    親から聞いた話では、乳幼児の死亡率が非常に高かったので、障害のある子供は就学前に全員が死んでしまうとかで、障害児の学校を作る必要なんかなかったとか。
    返信

    +4

    -0

  • 203. 匿名 2017/10/13(金) 09:08:37  [通報]

    天津甘栗は戦前でもデパートで売っていた。

    昭和十年代の中華街には辮髪の男性がたくさん歩いていた。
    返信

    +3

    -0

  • 204. 匿名 2017/10/13(金) 09:14:30  [通報]

    真珠湾の第一報を聞いた瞬間、父親のほうの祖父も母親のほうの祖父も、まったく同じことを心の中でつぶやいたそうな。

    「なんて馬鹿なことを!こんなもん勝てるはずないぞ」


    あの当時の庶民は実は海外の情報をしっかり持っていて、彼我の技術の差が歴然としていることもわかっていた。
    勤労動員で工場で働かされた経験を持つおばあさんが
    「こんなバカげた戦争にはみんな嫌気がさしていた。建前ではみんな日本は勝利するって信じていますみたいなことをいっていたけれど、腹の底では勝利なんかありえないってわかっていた。だから工場で働くとかあほくさくて、早く終わってくれればいいのにっていつも友達と愚痴っていた。
    玉音放送でやっと終わったとほっとした。灯火管制をしなくていいので、夜になって明かりをしっかりとつけることができて、家族全員でようやく終わったので本当によかったねと言い合っていた」
    返信

    +11

    -0

  • 205. 匿名 2017/10/13(金) 09:43:24  [通報]

    おばあちゃんに保育園でシラミが発生したと話すと、小学生の頃整列してるときに前に並んでる子の頭から背中のほうにかけてデカイシラミが何匹も散歩してたと言ってた。
     
    返信

    +8

    -0

  • 206. 匿名 2017/10/13(金) 10:17:40  [通報]

    >>116
    同級生の母親が戦時中勉強できなかったっていくつ??
    戦時中勉強できなかった世代は、今80才前後だよね?
    返信

    +0

    -0

  • 207. 匿名 2017/10/13(金) 10:44:18  [通報]

    10年前に亡くなった私のおばあちゃん。

    『空襲がきて、長男長女と手を繋ぎ、お腹側に次男をくくりつけ、背中に荷物をくくりつけ、浅草から成田まで歩いて行った。
    お友達と一緒だったから、辛くても頑張れた。
    今、そのお友達とココアを飲んで喋って笑っているのが幸せ。
    あなたもいるしね。』

    って言ってたな。
    もっと話を聞きたかったな。
    おばあちゃん、会いたいな。
    返信

    +12

    -0

  • 208. 匿名 2017/10/13(金) 11:07:00  [通報]

    大阪大空襲のとき、淀川に逃げたが死体だらけだった。
    お腹を壊してた妹をおぶって逃げた。
    住んでたところは朝鮮人に乗っ取られ、土地を取られて今の実家の方へ。

    昭和一桁の祖母の話。
    ヒロポンと酒はやめられてもタバコはやめられん、といいながら病院の外でタバコぷかー
    返信

    +10

    -0

  • 209. 匿名 2017/10/13(金) 11:20:27  [通報]

    おばあちゃんが子供の頃は、夜中、近くの池から聞こえるカッパの鳴き声がうるさかったそうです。
    返信

    +5

    -0

  • 210. 匿名 2017/10/13(金) 11:22:13  [通報]

    >>103
    私のおばあちゃんも同じこと言ってました!!
    国民学校(小学校のこと)では授業などせずに、毎日が、戦争のための準備や、
    敵が襲ってきた時に戦えるようにと、竹やりで相手を突く練習をさせられていたそうです。竹やりって!!...相手は銃や爆弾を大量に使えるから、竹やりでは
    勝ち目がないですよね。そんなバカみたいな練習させられてて信じられないでしょうと、言っていました。当時は、反発すると非国民と言われたり殺されたりすることがあるので、従うしかなかった、子どもだったから、その時を
    生きるしかなかったと。

    日本の戦闘機の燃料にするため、木の根元を掘り起こして、根っこを大量に集めるという力仕事も、子どもたちの仕事。
    男女ともにやっていた。
    ある種の木の根を集めて、抽出すると、燃料のもととなる物質が取れるのです。
    すごく大変な作業だそうです。掘るのも、運ぶのも子どもたちの手作業。
    集めたものは、軍事工場に運ばれ、燃料として加工され、使われた。
    アメリカの大量の兵器、武器、戦闘機の数と比べたら、日本のこんなものは、ゴミクズとなるようなささやかな量で、勝ち目はまったくないと...子どもたちの竹やり教育も、木の根を掘り起こしてウラン、燃料を作る作業も毎日毎日山へ行ってあんなにがんばったのに、、、!!元々の武器や戦闘機の数が足りなさ過ぎて、日本は
    全くの力不足だったんだと、国民たちは終戦後になってわかったそうです。

    戦争中、B29から落とされた焼夷弾(しょういだん、高熱で燃える爆弾)が、
    おばあちゃんの父親の足に直撃し、重症を負いました。
    足が燃え、焼けただれ、爆弾に込められた毒薬のせいで、傷がいつまでも
    治らず、ひどかった。後遺症が残り、痛みが消えず、足をひきずって生活したそうです。当時は、治す薬もなく、なんの治療もできず、本当に辛かったと思います。

    当時のことをあまり話さないおばあちゃんですが、時々会いに行っては、話が少しできるようになりました。私が大人になり、少しは話しやすくなったのかもしれません、、。

    ●「子どもを人に簡単にあげちゃうの?」という質問がありましたが、
    私のおばあちゃんの話では、育てられない事情のある人が、他人に子どもを譲り、
    育ててもらう、というのは、よくあることだった。と言っております。
    地域によって差があるでしょうし、すべての女性がそういう考え方だったとはおもいません。赤ちゃんを簡単にポイッとあげる、ということではなく、
    育てていける人、子どもがほしいと希望する人に、譲るということです。
    これはおばあちゃんが実際に見た光景の話です。子どもを譲るということは本当にたくさんあったと言ってました。
    今は養子縁組や里親制度など、法律が色々ありますが、昔はそんな決まりなかった。
    おばあちゃんは85歳です。お話聞いていただきありがとうございました。

    返信

    +9

    -0

  • 211. 匿名 2017/10/13(金) 11:37:46  [通報]

    ドラえもんの「おばあちゃんとの思い出」
    本当に泣けるんだ。

    私もおばあちゃん子で、いつもおばあちゃんにワガママ言ったりしてた。
    おばあちゃんは初孫の私を、本当に可愛がってくれて、いつもいつも優しく接してくれた。
    母がいない時の、おばあちゃんの料理って煮物とか茶色っぽいのばかりで好き嫌いしてた。

    おばあちゃんは私が幼稚園の時に死んでしまったけど、大好きだった。

    あの、のび太がランドセルを背負って「僕、のび太です!」のセリフで号泣してしまう。
    返信

    +7

    -0

  • 212. 匿名 2017/10/13(金) 12:16:56  [通報]

    田舎の地主の生まれだった祖母。
    学校へ行くお弁当にはわざと麦ご飯をいれ、家ではたらふく白米を食べてたそうな。
    返信

    +4

    -0

  • 213. 匿名 2017/10/13(金) 13:23:02  [通報]

    大正15年生まれの祖母だけど、若い頃家庭教師に太もも触られたりセクハラされてたらしい。
    こんな時代でもあるんだね。
    でも男尊女卑で先生が偉い時代だから誰にも言えずに我慢したらしい。
    今ならフルボッコだよね。
    返信

    +7

    -0

  • 214. 匿名 2017/10/13(金) 14:20:13  [通報]

    もう亡くなった祖父母(大正、昭和一桁生まれ)と昔、ディズニーシーに行きました。
    高齢の割にアトラクションなどを楽しんでいた祖父母でしたが、お昼にザンビーニブラザーズリストランテという、洞窟の中のコンセプトのレストランに入ると、とても落ち着かない雰囲気。
    どうしたの?と祖母に聴くと、ここはなんか暗くて怖い。防空壕を思い出す。と言っていました。
    ああ、そんな所を選んでしまって悪かったな、と思いました。
    私たちには無い経験をした人たちの感想ですよね。
    返信

    +9

    -0

  • 215. 匿名 2017/10/13(金) 14:24:59  [通報]

    私の祖父、叔父叔母、私の母がみんな教師です。
    当時戦時中だった頃、教職を目指して大学の教育学科にいた祖父は兵役を免除されて、終戦日は、防空壕堀りをして迎えたそうです。
    そんな祖父と結婚した祖母は、子供達が教員になれば、また万が一戦争になっても兵隊さんにならずに済むと考え、息子娘たちに教職を強く勧めたのです。
    返信

    +5

    -0

  • 216. 匿名 2017/10/13(金) 15:33:07  [通報]

    >>210
    国民はわかっていたよ。最初から勝ち目がないって。坂の上の雲の秋山弟は大正時代に亡くなったが、弟子たちにはっきりと「アメリカとは絶対に戦争するな」と遺言したくらいだから。
    アメリカの重工業のレベルや技術水準や資源については庶民レベルも知っていた。だから学生時代の恩師も「真珠湾のニュースのときに、バカじゃねーの?かなうはずないのにと友達とあきれていた」っていってたし。
    返信

    +5

    -0

  • 217. 匿名 2017/10/13(金) 19:02:30  [通報]

    昭和7年生まれ、生まれて間もなく南朝鮮に渡り、戦後日本に帰ってきた祖母の話。
    韓国では日本人と朝鮮人の居住区は分けられていたので、そこらへんで朝鮮人をみかけるということはなかったみたい。でも、汚い水たまりで服を洗い、よくアイゴーと言って泣いていたらしい(¬_¬)当時からやかましい民族だったんだな。
    返信

    +6

    -0

  • 218. 匿名 2017/10/13(金) 22:00:39  [通報]

    大正生まれや昭和一桁の人ってすごい体も強いし、器用なんだわ。
    小屋とか作ってしまうし、ちょっとしたものなら、壊れても直してしまう。
    家電も発達してなかったから、家事一つとっても大変だったろうに。
    この世代の人は尊敬する。
    返信

    +8

    -0

コメントを投稿する

画像を選択

選びなおす

人気トピック

新着トピック